« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の記事

2015年7月24日 (金)

C8NでM16わし星雲 創造の柱

こんばんは。
先日撮影した2枚目です。

わし星雲。その中にある「創造の柱」はハッブルの写真で有名ですね。

S20150721_m16_c8n_cmp1_si1_ps1_ps_2
わし星雲(M16)
CELESTRON C8N,SE2赤道儀,改造CanonEOSKissX4 (ISO3200,4分×8枚,Dark3枚,LPS-D1フィルタ)直焦点撮影
RFT80S+NexGuide, StellaImage7,PhotshopCC,PhotoScapeで画像処理

S20150721_m16_c8n_cmp1_si1_ps1_ps_4
拡大してみましょう。
調べてみるとこの柱、崩壊しているようです。それまで毎年撮影し続けましょう!

↓こちは15㎝のSE150Nで撮ったときの写真です。
 色処理は気にしないで、鮮明さを比べて見ましょう。
 思っていたより差がないような・・。
 まだ20㎝の威力を発揮できていませんね。

http://kanistar.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-13a0.html

2015年7月20日 (月)

C8NでM8干潟星雲

こんばんは。
関東では梅雨明けしたようで猛暑になっているようですね。
三重も暑いです。梅雨明けでしょう。
今夜はGPV見るとまずまず良い感じです。という訳でLet's Go!

僕が着いた時には既に6名ほど来られていました。
空は快晴で満天の星、天の川! 素晴らしい♪
星空が待ち遠しいのは皆さん同じですね(^^;

さて、セレストロンC8Nの直焦点撮影。時間が余りないので2天体のみです。
何とか重り13kgでC8Nとガイド鏡のバランスが取れました。

まず鏡筒を向けたのはいて座の干潟星雲。
オリオン大星雲に次ぎに好きな天体です。
僕の中では「火の玉星雲」と呼んでいます(^^;
所々にある暗黒星雲のピニョピニョが印象的ですね。

S20150720_m8_c8n_cmp1_si1_ps1_psc1
いて座の干潟星雲(M8)
CELESTRON C8N,SE2赤道儀,改造CanonEOSKissX4 (ISO3200,4分×10枚,Dark3枚,LPS-D1フィルタ)直焦点撮影
RFT80S+NexGuide, StellaImage7,PhotshopCC,PhotoScapeで画像処理

ガイドが上手くいったかどうか怪しいです。
10枚撮影したのですが、1枚目と10枚目では星の位置が5㎜位違います。。
真ん中辺りでも星が少し伸びているのはガイド出来ていないからでしょうか。。
もしノータッチだったとしたら1000mmで4分露光なので、スゴイ精度ですが。。

まあ、それでもイイ感じです。
ちなみにSE150N(15㎝)で撮影したのはこちら↓
http://kanistar.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/m8-9eb7.html

色の処理は異なりますが、何回見比べても画像の鮮明度はそれほど変わらない??

次回は是非週末にこの天気が欲しいですね。

S20150720_

2015年7月15日 (水)

C8Nで土星

こんばんは。
昨日、新鏡筒CELESTRON C8Nで土星を拡大撮影で動画で撮ったものを処理してみました。

KissX3で10秒ほどの動画を画像ファイルにし、ぼけているのを除いて80枚をRegiStaxで
ごにょごにょと処理しました。
手順はお世話になっている「いっこうさん」のブログ レジスタックス講座を参考にさせて頂きました。

いつもの天体処理とだいぶ違うので難しいです。
なんとか見れるように処理できました。

20140714_satarn_reg1_psca1crop2
CELESTRON C8N,SE2赤道儀,CanonEOSKissX3 (動画10秒,80枚合成),2倍バロー,8㎜アイピースで拡大撮影
RegiStax5,PhotoScapeで画像処理

さすが口径20cm。カッシーニの隙間があるように見えます(^^;

次回は2,3分動画撮影し、数千枚を重ねて処理してみたいです。
直焦点での撮影も試したいですし、今週末台風去ったら晴れてほしいですね(^^;

新鏡筒CELESTRON C8N ファーストライト

こんばんは。
梅雨空が続いていますね。数日前からムシムシと夏突入の気配です。
でも星はなかなか出てくれませんね。

今月頭にアイベルさんで中古ですが20cmF5,1000mmのニュートンを購入しました!
憧れの20㎝が安く手に入りました。

そして今日ファーストライトです。
夕方は曇っていましたが、夜9時ごろから晴れてきました。
早速庭に機材を設置しSE2赤道儀に載せてみました。
10kg×2個の重りでぎりぎりです。

とりあえずベガへ向ける。んっ?15㎝と変わらない?
次は土星。おおー素晴らしい!2倍バロー+8㎜アイピースで見るとスゴイ!
惑星は大口径が良く見えます。

お次はM57リング星雲。だいたいある場所は分かるのでファインダーで合わせて、
アイピースを覗いてみた。おっある!庭から星雲見れるなんてさすが20㎝。

早速一つ不満が。接眼部がガタガタ。ピントがとても合わせにくいです。
安いので仕方ないですが、ここは替えたいですね。

次回は写真に挑戦です。
さらにガイド鏡の重さが加わり、オートガイダー、カメラ。ウエイトの追加・・ SE2赤道は耐えられるのでしょうか?


Snew_c8n_20140714_1

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »